インビザラインで治療をする!

インビザラインに興味がわいたら

インビザラインの歯科矯正法

透明なマウスピースをつける歯科矯正のインビザラインを行う人が増えています。歯並びが悪いと、虫歯になる確率が高くなり、歯が重なって生えている場合は、重なっているところをうまく磨くことができないため、歯垢も溜まりやすくなります。大人になってから、歯科矯正をする場合は、見た目にわからないようにしたいという人が多いです。ワイヤー矯正法のように矯正をしていることが見た目で分かってしまうのは嫌だという人も多いです。インビザラインは、まったく目立たないので、お客さんの対応をする営業職や受付でも気にすることなく歯並びを治すことができます。インビザラインは、患者一人一人の歯の形に合わせたマウスピースを作るので、つけたときにほとんど違和感を感じることがないです。喋りにくくなるということもほとんどないので安心できます。

インビザラインや裏側矯正

永久歯に生え変わるときに、歯並びが悪くなってしまう人は多いです。綺麗に生え変わる人もいますが、乳歯が抜けていないのに、下から永久歯が生えてくると、歯並びが悪くなりやすいです。下から永久歯が生えてきたら、乳歯をできるだけ早く抜くようにしましょう。もし、歯並びが悪くなってしまうと、歯磨きがうまくできずに、虫歯になりやすくなります。歯科矯正は、保険が利かないことがほとんどなので、治療費は高額になります。そして、歯科矯正は何年もかかり、口を開けたときに矯正のワイヤーが見えてしまうことが恥ずかしいと感じる人もいます。しかし、最近は、歯の裏側にワイヤーをつける裏側矯正や、透明なマウスピースをつけるインビザラインなどがあります。矯正の種類が増えており、自分で選ぶことができるので、一番納得できる方法を探しましょう。

インビザラインにおける歯列矯正のメリット

インビザラインは透明な専用のマウスピースを使って歯列矯正を行う方法です。従来の歯列矯正はワイヤーやマウスピースを利用して歯を固定することで歯列矯正を行いますが、この方法では常時取り付けたままで生活をしなければならないため衛生面の問題と、口腔が敏感な人の場合には違和感を感じてしまうと言ったことも有りました。また、歯を固定した状態を長く継続する為子供のような乳歯と永久歯が混在するような場合には治療ができませんでした。インビザラインは透明なアライナーと呼ばれる専用の取り外し可能なトレイ上の物を取り付けることで矯正を行うため、歯磨きなどの場合には取り外して歯を磨くことができます。また、乳歯などを避けて取り付けることもできるため、生え変わりの段階でも治療を行うことができます。インビザラインは2週間毎に医師のチェックを行い、アライナーの交換や取付位置の変更などを行うので歯の状態に合わせきめ細かい治療を行うことができるのも大きなメリットです。